Home > 2010年10月

2010年10月

紅葉MAX!!

rr532.jpg
<紅葉MAX!! 13条銀杏並木の傍らにて。
解像度が凄過ぎてこの大きさでupするのが限界。これ以上大きくできません…>
Hasselblad 503CXDistagon CF 60/f3.5 ,Kodak PORTRA 160 VC

只今,北大構内は紅葉の見頃を迎えてます。

数少なくなった同期に誘われ,週末の混雑を避け今朝早く写真を撮ってきました。

その言いだしっぺは寝坊しましたがw

今年は先日の雪の重みで葉がだいぶ散ってしまいましたが,それでもかなり奇麗で昼間は大勢の観光客で賑ってます。

気温は5℃前後まで下がるようになり寒くなってきましたが,朝日に照らされた紅葉を見るとホッコリとします。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


きしゃぽっぽっ

530.jpg
<倶知安辺りでたまたま出会った汽車。 開放だけど手持ちは限界に近いかな…> 
Hasselblad 503CX ,Sonnar CF 180/f4 ,Kodak E100VS

先日,同期と後輩三人でブナの北限である黒松内に紅葉を見に行ってきました。

と言いたかったのですが,まだ道南の方は全く紅葉してないし,豪雨に見舞われるわで散々でした。

ってことで,冷えた体を温めるため,ニセコ経由で五色温泉につかり,余市で夜のつまみにする燻製を調達し帰ってきました。

上の写真は,紅葉の写真を撮りに行ったのに,今日は一枚も撮れずに終わるのか…残念

っと思いながら踏切待ちをしていたところ偶然汽車を発見し,急遽鉄ちゃん達に混じって撮った一枚です。

話は変わりますが,ついに雪が降りました。

初雪だけなら長い冬がやって来たなと思うだけですが,なんと今年の初雪は結構積りました。

週末は台風がやってくるそうです…

ありえないとは思いますが,台風の暴風雨が暴風雪になったらどうなっちゃうのでしょう。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

北陸~東北~④(角館→鷹巣,そして帰札編)

510.jpg
<この厚紙製の切符,いい感じ。改札出るとき貰って帰っていいですか?と聞いてしまいました。>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX

さて角館を満喫し,弘前に向けて乗った電車は,「秋田縦貫通鉄道」という国鉄からJRに変わる時に第三セクターとなった私鉄でした。

切符は上の写真のようにレトロで,車両も勿論1両編成の汽車。

車両が1両編成なのは,あんまり珍しくないかもしれませんが,驚いたのはここから。

電車が出発する時,駅舎の方から駅員さん達が出てきて,手を振り笑顔でお見送り・・

ん??

なんか今まで乗った電車とは違うぞ!?

っと思いましたが,まぁこういう電車もあるんだなと,車窓からの景色を楽しみ始めて暫くすると・・

「左手に見えますのは~日本で最大級のカタクリの群落を見ることができるところです。」

と車内アナウンスが入り,なんだなんだと後ろを向くと・・

なんと,駅員さんがガイドとなって乗りこんでました。

そして,見所が出てくるとアナウンスを入れてくれるだけでなく,乗客一人一人まわって細かい説明までしてくれました。

いつか行きたいなと思っていた「玉川温泉」の最寄り駅は,この路線上にあることも知り,

今度は秋田に絞って温泉巡りでもしたいなと思いました。

必要に迫られて乗っただけだったのに,思いがけない事が沢山ありとても楽しかったです。

512.jpg
<角館→鷹巣間でのラストショット>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX

時間通り弘前に到着することができ,

この日の夜はまたまた飲み屋で,八戸と東京から来たというおっちゃん達と一杯かわし眠りにつきました。

次の日は,必死で札幌まで北上するのみでした。

途中,自販機の当たりを出してしまったというハプニング(この半年でなんと2度も当るとは…しょーもないところで運を使ってますw)

もありましたが,無事帰って来ることができました。

チャンチャン。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

北陸~東北~③(角館,街並み編)

507.jpg
<角館駅周辺の街並み>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX

さて,電車の時間までまだ少しあったので,ちょっとぶらぶらしてみることにしました。

流石,東北の小京都と呼ばれているだけあって,武家屋敷街から離れた地区の雰囲気もいい感じでした。

501.jpg
<公園の柵が板製で,街の雰囲気とマッチしていて◎でした。>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX

508.jpg
<スナップ写真はむずかしい。おばあちゃんが歩いてきたのでとっさにフレームに入れてみましたが・・下手すぎる>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX

もっとあっちこち散策したかったのですが,電車の時間も近づいてきたので,余裕を持って駅に戻ることにしました。

都会の電車とは違い,乗り遅れると洒落にならないことにります。

ここ角館では,

北海道では味わうことのできない,長い歴史が染み込んだ素晴らしい町並みを堪能することができました。

また来たいな思えたいい所でした。

今回,新潟からフェリーに乗らず,電車で北上した目的はここで達成したことになりますが,

角館から鷹巣という場所までの電車がなかなか良かったので,次回書きたいと思います。

506.jpg
<米所秋田!品種はもちろん「あきたこまち」>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

北陸~東北~②(角館,武家屋敷編)

509.jpg
<角館駅, スキャン時にフィルムの平面性が保てなかったのか,左側がちょっと歪んでいる気がします…
今回に限らず,平面性が気になる事が多いので,ビシッと平面性が保たれる道具があったらいいのにな・・>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX

秋田市で一泊し,翌朝秋田駅から角館へ。

角館は武家屋敷が有名で,

あ~き,あ~き,秋田~♪噛む~とフニャンニャン♪

のCMでもロケ地になってた気がします。

515.jpg
<石黒家 現存する武家屋敷の中で最も格式の高い家らしい。>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX

この日は日程上,弘前まで到達しないといけなかったため,

角館での滞在可能時間は確か3時間ぐらいでした。

そこでどうやったら効率よく見れるか,観光マップと睨めっこしていたところ,

またまた見知らぬおっちゃんに,

「武家屋敷街の一番奥までタクシーで相乗りしないか!?」

と声をかけてもらい,そうすることに。

522.jpg
<武家屋敷街にあったお店>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX

車中,コテコテの東北弁を喋る運転手のオバチャン曰く,

芸能人のギバちゃんは角館出身で,通りがてら彼の出身高校まで案内してくれた。

残念ながら,へ~としか言えませんでした・・

そうこうするうちに武家屋敷街の一番奥地まで到着し,相乗りを誘ってくれたおっちゃんにお礼を言い散策開始。

499.jpg
<紅葉までは,まだもう少し時間がかかりそうでした。>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX

武家屋敷街を訪れて一番驚いたことに,まだその屋敷に末裔が住んで実際に生活しているという事でした。

入館料が入るとはいえ,自分が普段生活している場に知らない人が多数出入りしているとはどんな気分なんでしょう。

517.jpg
<立派な日本庭園でした。>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX

観光シーズンから少し外れていたこともあったのか,武家屋敷街は閑静な趣を残しつつ,

地元の人々が往来し,暮らしている感じはとてもよかったです。

まだ電車の時間までには少し時間があったので,角館駅周辺をぶらつくことにしました。

518.jpg
<生活感のある水場。>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

北陸~東北~①(酒田編)

526.jpg
<久々の鈍行列車。山形~秋田の海沿いを走る列車からの景色は最高でした。>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX

もう2週間も前になりますが,関東,北陸で用を済ませたあとゆっくりと鈍行で札幌まで帰ってきました。

途中,電車待ちの時間を使い酒田で土門拳記念館に,そして日を改め角館の武家屋敷を見てきました。

では酒田から。

528.jpg
<酒田駅,0番線ホーム。これは珍しいのでは!?>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX

酒田の地に立つのは2度目ですが,前回は乗り換えの時間が無かったので通過のみでした。

今回は3時間ほど待ち時間があったので,おくりびとのロケ地巡りをするか,土門拳記念館へ行くか迷いましたが,後者を選択。

感想。行ってよかった。

沢山のオリジナルプリントを見ることができ,昭和のスナップ写真はもちろん,

中でも彼が撮った著名人のポートレイトは圧巻でした。

記念館にはイサムノグチが彼に捧げた彫刻「土門さん」などもあり,写真以外にも楽しむことができました。

三時間はあっという間に過ぎてしまい,足早にこの日の目的地,秋田へ向かうことに。

520.jpg
<秋田駅にて。 電車の写真ばっかりw 鉄ちゃんではないのですがね…>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX

今まで18きっぷなどフリーきっぷを使い,全国あっちこっちぶらぶらしてきましたが,

秋田は好きで,訪れるのはもうかれこれ4,5回目です。

今回は角館へ行きたかったので,この日は秋田市で一泊しました。

飲み屋にて,名も知らぬ博多からやってきたおっちゃんと喋りながら食べた,

しょっつる鍋&日本酒は最高に美味かった。

527.jpg
<西日の加減が良かったので撮ったら,たまたま人が電車から降り,一味違う写真に。>
Voigtlander Bessa R2M ,C Sonnar T* 50/f1.5 ,400TX


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

Home > 2010年10月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top